ポリビア大使をお招きして

―ボリビアの自然と文化―

 平成21年2月19日、産業文化センターにおいて、駐日ボリビア共和国 安次嶺 正勝ハイメ特命全権大使の公開講演会が開催されました。

 大使は、一昨年入間市を訪問され、木下市長と親しく懇談の機会を持たれました。この縁で広く入間市民の皆さんにボリビアの国をご紹介して頂くため、公開講演会を開催することになりました。

 講演の中で、ボリビアの自然や農業など、地球温暖化の悪影響を大きく受け始めていることや、日常の生活においては、原住民の生活に学ぶべきことが非常に多いことなど、アメリカ、ヨーロッパ、そして、日本など、先進国といわれる国々の地球環境に対する責任の大きさを痛切に説かれ、大変考えさせられるテーマでありました。

 講演会の後では、ピアノ、フルート、マリンバを演奏する3名の女性演奏家のミニコンサートが行われました。高度の音楽性と演奏技術をもたれた3名によって、日頃、親しみのあるクラシックの名曲を数曲演奏して頂きました。また、最後には、私たちが幼い頃に口ずさんだ日本の童謡などを、来場者と共にメドレーで合唱して終了いたしました。

 この後行われた大使ご夫妻を囲んでの交流親睦会では、木下市長始め、市の国際交流協会の中島会長、入間市区長連合会の福島会長、いきいき埼玉評議委員の横田氏、そして、大使館関係者、大使夫人の知人やコンサートの演奏者、また、協力会の杉山会長をはじめ協力会会員、当センターから理事、班長、事務局職員など、50名を越す参加を頂き和やかに、且つ、有意義な交流会となりました。

Powered by WordPress | For Free T-Mobile Phones visit www.BestInCellPhones.com | Thanks to iCellPhoneDeals.com, MMORPG Games and Fat burning furnace review