設立30周年記念式典

 入間市シルバー人材センターは、昭和55年4月10日に「入間市高齢者事業団」として発足し、昭和57年4月1日に「入間市シルバー人材センター」として改組し現在に至り、設立30周年を迎えることになりました。

 センター設立30周年記念行事は、去る9月18、19日の2日間、彩の森入間公園多日的広場に設けられた特設会場で開催されました。

 この2日間は、残暑厳しい中でしたが晴天に恵まれ、式典では、長谷川理事長の挨拶に続いて感謝状の贈呈、来賓のご祝辞、そして、木下市長様、福島連合区長会長様、長谷川理事長によりくす玉割りが行われ、感謝と祝福の雰囲気に包まれ、素晴らしい式典となりました。

 式典のアトラクションとして、佐渡の芸能グループによる

  1. 神事芸能「鬼太鼓」
  2. 佐渡の民踊「佐渡おけさ」「両津甚句」「相川音頭」

   が地方の生伴奏と共に披露され、出席者の皆さんを魅了していました。

 祝賀会では、大坂副理事長により関係者への感謝の挨拶と石川入間市環境経済部長様、池佐渡シルバー人材センター副理事長様のご挨拶に続いて、友山市議会議長様、五十嵐衆議院議員様、末吉元名誉会長様、浅見元事務局長様、長谷川理事長により鏡割り、横田懇話会会長様の乾杯の音頭で祝宴が進行され、アトラクションにオカリナ演奏も加わり、30周年の祝賀の会が演出されました。

 最後に、奥井理事よりお礼と挨拶、将来へのアピールが行われ、祝賀会はめでたくお開きとなりました。

Powered by WordPress | For Free T-Mobile Phones visit www.BestInCellPhones.com | Thanks to iCellPhoneDeals.com, MMORPG Games and Fat burning furnace review